■QRコード

QR

■全国の天気

■ジョギング記録

■プロフィール

こーじ

Author:こーじ
宮崎在住
ふたご座のAB型
趣味:ジョギング・自転車(DAHONボードウォーク、ルイガノLGS-CT)
家族:妻一人、子一人(中学生)、チワワのクー太郎

走ったり、自転車乗ったり、最近は原2スクーターに興味津津!

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『初体験♪』・・・そして『感動!』
さ~~!やってきました。

国際青島太平洋マラソン大会

1月に走り始めて11ヶ月。一年も経ってないうちに「初フル」参加。
エントリーするときにあまりに無謀なんじゃ・・・とか思いながらも
思い切って参加することに。

しかし練習中に足首や膝を痛めたりでまともな走りこみも出来なかった。。
実は大会まで1ヶ月をきった頃、「参加諦めようかな・・・」とも考えました。
けどチームメイトの「諦めないで」との言葉で、やれるだけやってみようと。

でいよいよ大会当日。



この大会、僕は初フルですが同時にウチの小5の坊も初参加で3キロ走ります。
二人ともドキドキ・・・
残念ながら3キロの部のスタート時間はフルよりも30分遅れなので僕は見ることが出来ません。
彼には「頑張って、楽しく走ろうな。順位は気にしなくてもいいからね。」とだけ伝えました。

今回は知事効果なのか欽ちゃん効果なのか、前回大会をかなり上回る参加者数一万名を越す大きな大会になりました。

結果、交通渋滞の為にまだ現地入りしていない参加者もいるとのことでスタート時間が全種目30分ずつ遅れるというハプニング。(これは前回の綾照葉樹林マラソンでも体験していたので仕方ないと思いましたけど。)



さー、いよいよスタート。
しかしすごい人だな。
スタートのゲートまであんなに人が並んでる。。








スタート!!

一斉にみんな走り出す。
しばらくはダンゴ状態の為ペースはゆっくり。
ゆっくり走って膝の痛みが出ないように走るつもりだったので僕にはちょうどよかった。

さて、国道220号線から一ツ葉有料道路に乗った、およそ8~9キロ辺りか。ちょっと膝に違和感。
「ありゃ~~、さっそく来ちゃったか・・・」
しばらく走っていると左膝が途中力が抜けるような、ちょうど後ろから「膝カックン」をされたような感じがしてバランスを崩しそうに。

でもまだまだ大丈夫。

ただ不思議なことに走り続けると膝の方はそのまま違和感がなくなっていった。

「・・・意外といける。」キロ6分30秒くらいのペースで走れている。


さて、もうすぐ20キロ地点。
あれ~?足が疲れて上がらなくなってきたよ~~。
やはり走りこんでいないこともあり、バテるのがやけに早い。
折り返し地点を過ぎた後はガードレールに摑まりストレッチをすることが多くなった。
(この辺りでキロ8分オーバー)
やばいな~。やっぱ完走は無理かも。。

ふと携帯で妻へメール。
「現在26km。痛くはないけど足が上がらんね。予定より遅れそうだよ。」
すると即返信。
「ゆっくり頑張ってね。○○(坊の名前)は自己ベストだよ。」
感動で涙があふれてくる。
あいつも頑張ったんだな~。いっしょに走っててよかった。
それじゃ父も頑張らなきゃ!!


足はずいぶん疲れてきて30キロを過ぎた頃からはふとももやふくらはぎが攣りだす。
給水所ではバンテリンやエアーサロンパスはおろか、バナナなどの食べ物も残ってない。
きっついなぁ・・・

34.2キロの給水所で正直「ここでバスに乗ったら苦しまずに帰れるんだよな・・・」とも考えた。
けどなんとか歩き、たまに走り。ぼちぼちと進む。
(これ以降キロ10分ペース)

35キロ辺りで電話。
え?誰??・・・チームの師匠から。

「こーじ、今どこにいるんだ?」

「まだ35キロ地点です」

「そーか!もうちょっとじゃないか。頑張れよ!いま他のメンバーとも代わるからね。」

チームのみんな、「頑張れ!諦めるなよ」と電話口で励ましてくれる。
嬉しくて嬉しくて、ここでもボロ泣き。
サングラス掛けててよかった。。
よし!がんばるぞっ!!と気合入れて走り出し、即、太もも攣る(笑)

みんな沿道のボランティアの若い子達もずっと応援してくれる。
みんなに「ありがとぉ~~!」と応える。
あの応援でどれだけ元気が出たことか。


サンマリンスタジアムが近づいてきた。時計を見ると制限時間も迫ってる。
大丈夫かな?あと少しなんだけど。間に合わせたいな。

運動公園に入る。
すると遠くで妻と坊が待っている。
「お父さん、頑張れ~~!」
と、いっしょに走る。

41キロ地点ではチームのみんなが待ってくれてる。
「もうちょいだよ。頑張れ~~」みんなとハイタッチ。
「ありがと~~」
また感激。

坊と話しながら走る。
「3キロどれくらいで走った?」
「18分でゴールしたよ。楽しかった~~」
18分!今まで二人で走ったタイムよりもかなり速い。
コイツも頑張ったんだな~。
また目頭が熱くなって・・・
今日はサングラスのお世話になりっぱなしです。


しかし、運動公園に入って、あと1キロがやけに遠い(苦笑)


ゴール地点が見えた!



ゴール!!!






やった~~!



初参加、初完走。
タイムはめっちゃ遅くて5時間51分。
予定よりもずいぶん遅かった。
けど走ってなかった割には完走できただけでもすごいことなのかも。




今回の大会で思ったこと。
 
  家族っていいな。
 
  チームの仲間ってありがたいな。
 
  苦しくても諦めちゃいけないんだな。


そして・・・

  走っててよかったな。




応援してくれたみなさん。すばらしい感動をありがとうございました。
これからも走り続けていきたいです。
スポンサーサイト
レース報告 | 20:25:01 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
はじめまして!
mixiから勝手に訪問させていただきました。
運動とは無縁だった私が走ることに目覚め、初のハーフを青島で走ることができました。
あまりに嬉しく、あの時の喜びを共有できる方を求めてここにもお邪魔させていただいた次第です。
うちの息子(4年生)は、一緒に走ってくれません・・・v-409
2007-12-15 土 13:35:53 | URL | patsu [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。