■QRコード

QR

■全国の天気

■ジョギング記録

■プロフィール

こーじ

Author:こーじ
宮崎在住
ふたご座のAB型
趣味:ジョギング・自転車(DAHONボードウォーク、ルイガノLGS-CT)
家族:妻一人、子一人(中学生)、チワワのクー太郎

走ったり、自転車乗ったり、最近は原2スクーターに興味津津!

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「トラックドライバー安全運転講習」
9月26日(土)~27日(日)の2日間にわたり、福岡県にてトラックドライバー安全運転講習に参加してきました。

2日間・・・・・・・泊りがけの講習です。

プロドライバー向けの研修施設というのが九州では福岡県にしかないもので遠路はるばる福岡まで一人でドライブ。(ウチの会社からは僕一人)

宮崎県から各運送会社から22名のドライバーが参加。


施設に到着しましたが、ぱっと見ちょっと大き目の自動車学校。
けど講習内容が違うそうです。


まず一日目。

午後12時よりスタート。


◎机上講習

まずは「プロドライバーとは?」「意識改革」「飲酒運転について」等。


◎始業点検

次に外に出て、始業点検(運行前点検)の要領を事細かに


◎エコドライブ
その後は実際にコースを走行し、エコドライブ(経済運転)の講習。
エコドライブ・・・いま世間で話題になってますよね。
実践している一般のドライバーはなかなかいないでしょうけど。
「優しいアクセルワーク」「早めのエンジンブレーキ」「早めのシフトアップ」

でも毎日走行距離が多い、排気量の大きいトラックにおいてはエコドライブをすることによって
かなりのコストダウンにつながります。

また、穏やかな運転になることで事故防止の効果も大きい、というわけです。


◎夜間検証

外を見ると日は暮れて、すでに真っ暗。

今度は「夜間検証」。

蒸発現象、って聞いたことあります?
対向車のライトに照らされた横断中の人が一瞬見えなくなることです。
横断中の人からは向かってくるこちらの車は見えても、こちらからは横断中の人が見えないという、お互いの認識のずれから事故が起きてしまう。


また、色による見え方の違い。
暗い中ヘッドライトをつけて前方においてある障害物の確認。
明るい色のカラーコーンは遠くからでも見えるが、暗い色のカラーコーンはかなり近づいて行かないとその存在自体に全く気付かないほど。おそらく走行中に気付いて急ブレーキをかけても間に合わないだろうというほどの距離。
目の当たりにしてびっくり。


そして、自分を含めランナーさんや夜にウォーキングをする人には特に!
出来るだけ存在が分かる明るい色の服(赤のウェアは昼は目立つけど夜は全然見えません)を着て下さい。
そして反射材の着用。それも出来るだけ足元のほうがいいようです。
もちろん反射タスキも有効ですが、上半身よりも下半身に光るものがあったほうが車の下向きヘッドライトの場合、先に足元を照らされるために早く発見できるのです。


事故防止の為、ぜひお願いします。



二日目。

◎後部シートベルト着用の必要性の検証。

実際に乗用車の後部座席に乗り、ベルトをつけていないときに時速10キロでフルブレーキをかけたらどうなるか?
結論・・・まず間違いなく前のシートに顔面を強打します。
たかが10km/h、されど10km/hです。予想を上回り、かなり怖かった。。




◎フルブレーキングの検証。

ちょっと分かりにくいですが、一応動画を添付。


濡れた滑りやすい路面でのフルロックブレーキ。
これは正しいシートポジション(座る位置)の検証でした。
シートが極端に遠かったり、背もたれが倒れすぎていたりするととっさの時にブレーキをかけきれない、ということです。

でも、何よりも大事なのは前車との十分な車間距離です。

これをキープしていれば追突事故は防げます。




と、以上が講習の報告でした。
二日間みっちりの講習でした。
とてもよい内容で勉強になりました。

長々と書いちゃいましたが、一般ドライバーにも多少役に立つかなと思い、書いてみました。





追伸.もちろん宿泊出張だったので、見知らぬ町での「出張ラン」楽しんできました♪(笑)



スポンサーサイト
会社・仕事のこと | 13:19:41 | Trackback(0) | Comments(3)
初めての輪行ツーリング
「輪行(りんこう)」って知ってます?

自転車を分解してバックに入れ、列車や飛行機など別の乗り物に持ち込んだりしながらの自転車の旅です。

以前からやってみたくて、やーっと今回実行してみました。


目的地は高原町(たかはるちょう)。僕が住んでいる清武は県内でも海側のほうにあり、高原は山の手です。
なので道のりは上り坂がメイン。


平日の一日だけの休みなのでもちろん日帰りです。

で、使ったバイクはこれです。

   ↓   ↓   ↓




折り畳みなので持ち運びが楽。
タイヤは小さいがそこそこ走る。


ここからは写真メインでお伝えします。


朝9時前に出発。(もっと早く出るつもりだったけどいろいろあったので)

出発してすぐ。まだ街の中です



途中のトンネル。こんな風に歩道がちゃんとあるとうれしいんだけど・・・・・



こういう歩道のないトンネルはかなり怖い。(大型車の通行も多いし)




ひと休み。



癒されるぅ~♪

ここからかなりの上り坂。
車の車線には登坂車線があるほど。
ギヤを一速(ローギヤ)に入れてせっせとペダルをこぎ続ける。

けどここもまた自転車が走るスペースがないんだよね~。
トロトロ走るとちと怖い。。。


野尻町にある公園「のじりこぴあ」のカエルたちのまえでパチリ。




途中休憩してふと後ろのタイヤをみると・・・げっ!!!

劣化ですな。サイドのワイヤーが切れてやばいことに。。。
まぁ、チューブが破れない限りはパンクすることないだろうけど(汗)



昼をまわりやっと高原町に入りました。

その後もまだまだ上り坂は続く。




じゃんじゃじゃーーーん!!高千穂の峰です。もう一息。






目的地の温泉に到着~~!

「極楽温泉」。見た感じとてもステキ!水車もいい感じ。

受付に行くと「あ、お風呂ですか?実はお風呂のほうが午後3時からなんですよ~」
げ!!!今は午後1時。3時までは待てない。

肩を落として外に出る。。



その近辺は数件温泉があるのでとりあえず近くの温泉へ。


「湯之元温泉」。
看板には「創業明治35年」と書いてある。
なかなか期待できそう。




露天風呂もある。

鉄分をかなり含んでいる炭酸泉。飲んでみたらかなり「鉄さびサイダー」って感じ(なんじゃそりゃ)


でもすっごく気持ちよかった!


遅めの昼飯。かつ丼



↓もちろん完食(笑)




帰り道。道端の農産物直売所に立ち寄る。
近くの小林市は梨の産地。

「梨あります?」と、お姉さんに聞くと、「二種類ありますよ~」と。

ひとザル500円。


試食をどうぞと一個皮をむき、渡してくれた。
かじると・・・すごくあまい!!!
感心しながら食べてると・・・さらにもう一個くれた。
え?2個も試食いいの?ってか、腹いっぱいなんだけど(笑)


スイカもくれました(爆)



結局梨をひとザル購入。
気前のいいおねえさん、ありがとー!



間もなく高原駅に到着。
ここからJRで帰ります。


これが・・・


こうなって・・・



こうなります。



田舎のローカル線。


車内はガラガラ。おかげでゆっくりできました。


荷物はこんな感じ。



途中乗り換えて自宅近くの駅まで。


で、無事帰宅。



秋を満喫できた、実に楽しい旅でした。
とにかく風が心地よい。

総走行距離68km。



今度はまた別方面へ一泊ぐらいで出掛けようかな。

家に着いてもしばらくは温泉の鉄分の香りが体中から漂っております(笑)


「梨、甘いね~」と、家族みんなでおいしく頂きました。



自転車 | 20:29:46 | Trackback(0) | Comments(7)
「ありがとうブルートレイン」の旅・その2
で当日です。

始発は鹿児島中央駅を19時半過ぎに出発、深夜に大分駅に約5時間ほど停車、翌日は10時半過ぎに門司港駅に到着という運行スケジュール。
ウチの家族はその途中の宮崎駅から22時前に乗り込みます。



夕方から旅の準備、ちょっと早めに食事を済ませ、U太が待ちきれなくてウロウロしているので早めに宮崎駅へ。
かなり早く着いたので逆に時間を持て余してしまいボーっと待つことに。

受付など終わらせていると、近所に住んでいる僕の両親が見送りに来ました。
(もちろん目的は孫の顔を見るためですが)



長い待ち時間を過ごし、やっと時間が近づいてきました。
すると一眼レフのデジカメを持った鉄道ファンがぞろぞろとホームにやってきました。


ついに「富士」到着!





あー、これが憧れの寝台特急ブルートレイン。

自分の席にむかう。

寝台列車の独特な雰囲気。







見送りの爺婆に手を振り、旅の始まり。


線路の継ぎ目の「ガタンゴトンガタン」の音が心地よい。

夜行列車なのでもちろん景色は全く見えない。。


U太と二人で一両目から6両目まであっちこっち車内探検。
彼はいろんな所を忙しそうに写真撮りまくり(笑)



どこの座席(寝台)でもそれぞれみんなくつろいでおられ、のんびりとした時間が流れている様子。



自分の席に戻ったけど、景色も楽しめないのでとりあえず2段ベッドに横になってみる。

う~ん、思ったよりベッド広くて結構快適じゃん。


・・・ただし、冷房効きすぎで寒ッ!!

23時くらいには毛布をかぶってお休みモード。


ちょうど良い気持になると、ガタン!と震動で目が覚める。
でまたウトウト。…したと思ったらまたガタン!!

あぁ、睡眠不足。。。



深夜1時ころ大分駅に到着。
ここで朝6時半まで停車。

5時に起床、車外に出てみる。


すでに多くの人が写真を撮影中。






ブルトレは早朝のホームが似合う、様な気がする。



6時半出発。

しばらくして朝ごはんの弁当が配られる。
オリジナルの包み紙がいいねぇ。




車窓を眺めつつ、もの思いにふける、の図。




長い旅も終盤。
けどとても快適でそれほど長い時間にも感じられなかった。
実に楽しいひと時でした。



門司港駅到着。
036 (2)

廃止に追い込まれた後に気づく、なんとも言えない寂しさ。
もっと乗ればよかったな、と後から思います。


ありがとう、ブルートレイン「富士」。



昼、食べた門司港名物「焼きカレー」。うまかった!





帰りの電車。


新型電車「ソニック」はとても速く快適・・・・ちょっと速すぎて気分悪くなりそう。。



個人的には、もちょっとゆっくりの電車がいいなぁ(旧型人間ですな)






その他 | 08:05:11 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。