■QRコード

QR

■全国の天気

■ジョギング記録

■プロフィール

こーじ

Author:こーじ
宮崎在住
ふたご座のAB型
趣味:ジョギング・自転車(DAHONボードウォーク、ルイガノLGS-CT)
家族:妻一人、子一人(中学生)、チワワのクー太郎

走ったり、自転車乗ったり、最近は原2スクーターに興味津津!

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「ありがとうブルートレイン」の旅・その1
今年3月に惜しまれつつも廃止された、JRのブルートレイン、寝台特急「富士」。(本州のほうでは「富士はやぶさ」ですが、こちらは九州ですので富士、ということで)
鉄道好きだった子供の頃は、一度ブルートレインの旅がしてみたくて憧れていたものでした。
鮮やかなブルーの車体に白いライン。20時間以上かけて東京から宮崎を走り、しかもA寝台の個室は豪華でまさに「動くホテル」さながら。
夜寝ている間に列車は走り、目覚めるとそこには初めて見る景色が。。。なんて、なんだかロマンがあっていいよね~。



しかしその夢はかなうことのないまま、大人になっていったのでした。



近年は移動の手段もどんどんスピード化が進み長距離なら飛行機が主流、新幹線も0系から700系へと進化している。
そんな中で「一日がかりの寝台特急での旅なんて」、と敬遠されていったのでしょう。全国でどんどん寝台特急が廃止に追い込まれていきました。


宮崎にいたっては、以前は東京行きの「富士」、新大阪行きの「彗星」があったのですが、彗星は廃止、富士も大分止まりになっていたのでここ最近は全く縁が有りませんでした。


で今年3月、「富士」廃止のニュース。「そっか、廃止なんだ」忘れていた昔を思い出し、少し淋しい気がしました。
その横で最近鉄道に目覚めたU太。「一度乗ってみたかったな~。どこか寝台特急のあるところに連れて行って!」というものの、そう簡単に叶うはずもなく(時間も金もねーよー・苦笑)「そりゃ大人になってお金ためて自分で行きな」とあしらっておりました。


数ヵ月後、U太が情報を手に入れてきました。
「お父さん、富士が7~8月に門司港まで特別にリバイバル運行するんだって!ただし抽選で・・・」
聞けば土曜日の夕方、鹿児島を出発して、翌日福岡の門司港駅までの運行。
時間的にも財政的(笑)にもそれなら行けなくも、無い。
「ほう、じゃ申し込んでみたら?」


結果、8月29日出発の便にみごと当選!


で家族で乗ってきましたよ。
ブルートレイン「富士」号。
かっこよかった~~~~。



詳しくは「その2」で。写真もつけて紹介します。

スポンサーサイト
その他 | 21:29:20 | Trackback(0) | Comments(6)
再会。
先日、以前勤めていた会社の上司のお宅に久し振りに遊びにいきました。



高校卒業して18歳で初めて勤務した卸会社。
高校を出たばかりの青年なんて礼儀も社会常識もわからない、ほんとのヒヨッコ。
そんな若者が配属された課長さん(当時)、1から10まで、いや100までの教育係。
とにかく毎日のように怒られたなぁ。


行き詰って「会社を辞めます」と持ちかけたときには
ご自宅へ誘っていただき
庭先で焼肉をご馳走になりながらいろんな相談に乗ってくれたり。



僕が結婚するときは仲人さんも務めていただきました。


結局僕はその会社を10年間勤めてから辞めました。
そのときはやりたい仕事があったので辞めたのですが
「やりたいことがあるならそれに向けて頑張れ」
と励ましてくれました。

現在彼は定年を迎えられ、たくさんの趣味を楽しみながら毎日過ごされているとのこと。



10年ぶりにお会いして、髪こそ白くなったものの顔は昔とぜんぜん変わらなく。
また「お前もぜんぜん変わらんな。むしろ若くなったか?」
といわれました(笑)



たくさん怒られたことも今になってみればいい思い出。

あの頃があったから、今があるんだよね。





「今度は子供も連れて家族で遊びに来なさい」と言ってくださいました。


ちょっと昔のことを思い出せた、楽しいひと時でした。


なにげない日常。 | 06:46:14 | Trackback(0) | Comments(1)
チョービックリ!!「国民的美少女」グランプリ
あの、夕方すごくびっくりしたニュースが入ってきたんですが。

あの「国民的美少女コンテスト」の今年のグランプリ。

工藤綾乃ちゃんって・・・・・・去年までうちのU太の同じ小学校の同級生だよ~!!



ひゃぁ~~~!!!???


20090804-00000009-oric-ent-view-000.jpg



ちなみに詳細はこちら
↓↓↓
「国民的美少女コンテスト」



U太と同じ幼稚園、同じ小学校でもちろん同じクラスになったこともあるし
僕も小さいころから本人を知ってます。
すらっと背も高くてほんとにかわいい


ご両親もよく知ってて、気さくに声をかけてくれる人たちです。


でもまさか、身近で全国規模のコンテストのグランプリに輝く子がいるなんて。。。


というか、まだU太とおなじ13歳なんですけどぉ~




将来は芸能界入り?



サインもらっときゃよかったか・・・・



なにげない日常。 | 21:08:00 | Trackback(0) | Comments(3)
宮崎市ナイター記録会
先日チームの総長より「ナイター記録会というのがあるので出てみないか?」とのお誘い。

一般男子5000メートルの部。

トラックレース初参加。


聞けば参加料200円とのこと。しかも当日の受付のときに支払うらしく。

その日は土曜日で仕事。もしかしたら仕事が長引いて参加できない可能性もあったので

その時は直前キャンセルすればいいか、ということでとりあえずエントリー。



で、当日。

仕事は予想していたとおり忙しく、ぎりぎりまで間に合うかヒヤヒヤ。

バタバタと片付け、スタート予定時間の20分ほど前になんとか会場入り。

着替えを済ませ、ゼッケンをつけてちょこっとだけストレッチ&アップをしたかと思ったらもうスタート時間。


同部門は30数名が参加。
うち多数は高校、大学の陸上部や走友会の速そうな人ばかり。
どれだけついていけるんだろうか。

「位置について~」パーーーーン!!


トラックなので同じ場所をぐるぐると12周半。

自分の普段のジョギングじゃまず考えられないペースで頑張ってみる。

・・・・・・・2周走ったところですでに息が上がって「もうダメ」状態。。。



こりゃきついなぁ。



けど人数も少ないし、トラックなのでそう簡単に立ち止まるわけにもいかず。

とにかく頑張る。




・・・あ~、もう限界かな・・・
何度止まろうと思ったか。息が苦しい。

けど直前を走るチームメイトのなすさんに引っ張ってもらい、ついていく。


以前チームのしんさんから教えてもらった、「限界は自分で決めちゃいけない」という言葉。

何度も思い出した。








自分の激しい息づかいがよく聞こえる。

するとそれ以上の激しい息づかいのランナーがスーッと抜かしていく。

さすが学生ランナー、速い!!



ラスト1周。

スパートをかける。

ガンバルガンバル!頑張ってピッチを上げる。このまま1周・・・・・・


ゴール!!!
667660335_168.jpg
死にました(笑)
ゴール後すぐに麦茶をもらったのですが息が切れて飲むことができず
芝生の上でしばらくゴロン。


記録は初トラック5000mで22分58秒。

23分を切れたらいいなと思っていたので

満足です。



とてもいい練習になったなぁ。

途中であきらめない気持ちを経験するのにはとてもいい。


たまにはこういう「刺激ラン」の練習は必要だね。

レース報告 | 21:31:36 | Trackback(0) | Comments(7)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。