■QRコード

QR

■全国の天気

■ジョギング記録

■プロフィール

こーじ

Author:こーじ
宮崎在住
ふたご座のAB型
趣味:ジョギング・自転車(DAHONボードウォーク、ルイガノLGS-CT)
家族:妻一人、子一人(中学生)、チワワのクー太郎

走ったり、自転車乗ったり、最近は原2スクーターに興味津津!

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリ
■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「第23回 青島太平洋マラソン」
待ちに待った「第23回 国際青島太平洋マラソン」!
今回で3度目のフル出場となります。
一応目標は4時間切り&楽しく走る!ということで参戦です。
写真をいっぱい撮ってきましたんで紹介しつつの日記です。


9時のスタート直前。今年のフルには8000人がエントリーしてます。


スタート!!

4時間切りに向け一緒に走ろうという師匠。
・・・・・?ペースちょっと早くない?(汗)
どんどん前に走っていく。
「こーじ、ついて来んかぁ~~!!」とはるか前方から怒鳴られる。
やっと追い付くもそのペースでじゃんじゃん行くので結局おいてけぼり。

それでもそこそこのペースで走ってたんですよ。



国道220号線を北上中。



おそろいTシャツのチームメイトと楽しく。



ボランティアの声援。「頑張ってくださぁい!」「ありがとー!!」とハイタッチ。
そのため常に道路の端っこを選んで走ります(笑)



とにかく沿道の声援には笑顔で手を振りながら応えます。
これがホントに楽しくて仕方ない!!
自分でも不思議なくらい元気が出てきます。



天気はピーカン。気温はかなり高め。
その中、こんなランナーも。。。


「・・・暑いでしょ?」「はい、暑いです。。」「頑張ってね~」


市内の橘橋を渡り、ここから中心部のメインストリート。
ここからとくに沿道の応援が増えます。



こういう応援もとてもありがたい。元気が出ます。




さて、折り返して半分を過ぎるころから足が重くなりだします。
先月は結構走りこんでたのになぁ・・・
とにかく動けるうちは足を止めず・・・・・

・・・我慢できず止まってストレッチ。
このあたりの我慢強さというか、精神的に弱いです(反省)

さすがに声援に応える元気はほとんどなく、ついでにしばらく写真もなく(苦笑)

途中でストップウォッチをみると、すでに「4時間切り」は無理っぽそう。
でもたとえむりでもせめて自己ベストは更新したい!!



なんとか31キロ地点の総合運動公園まで帰ってきました。
ここで準備していた「黒酢はちみつスペシャルドリンク」を嫁さんから受け取り補給。

実はこれがかなり効果あったような気がします。


写真を撮りつつ、声援にこたえる元気は復活!(走る元気は?笑)


給水所などのボランティア。この皆さんたちのおかげでランナーは楽しく走ることができるんです。
みんなの笑顔に癒されます。ほんとに感謝です!!







最後の折り返しを過ぎ、海岸線の「トロピカルロード」をひた走る。



このあたりは30キロ辺りよりも逆に元気が戻ってきています。

もう少し!!!頑張れ自分!!!




ゴールのサンマリンスタジアムが見えて、やっとゴールが見えた!




ゴール!!!


ゲートをくぐった瞬間、思わず目頭が熱くなりました。
目標のタイムに届かなくて悲しかったわけじゃありません。
なぜかはわかりません。
きつかった中、ただ、いろんな人達への感謝で胸がいっぱいになります。
完走できた、走れたことのしあわせ・・・かな。とにかく満足。

その気持ちを込め、「回れ右」をして一礼。




え~い、顔出しだぁ~(笑)
(ちょっと目が赤いか?)

タイムは4時間31分。
(目標未達だけど一応ベストだからね。満足です)



参加したチームメイトは故障者が続出だったのにみんな見事に完走。ホントにお疲れ様でした。

そして、わざわざ県外から応援のために来てくれた皆さんもありがとうございました。





そして今回はチーム以外の友達(後輩)の一人も参戦、殆んど練習できてなかったのに無事完走。
足が痛くて6時間近く。ゴール近くで顔が見えたので「おかえり~~!もうゴールはそこだぞ~!」と叫ぶ。
その瞬間、彼が泣き出しました。
こちらも思わず・・・。

ほんとにお疲れさん。

・・・来年はちゃんと練習して出ろよ(笑)




今回もまたいろいろな再会があったり、とても素晴らしい大会でした。



スポンサーサイト
レース報告 | 09:10:32 | Trackback(0) | Comments(12)
宮崎市ナイター記録会
先日チームの総長より「ナイター記録会というのがあるので出てみないか?」とのお誘い。

一般男子5000メートルの部。

トラックレース初参加。


聞けば参加料200円とのこと。しかも当日の受付のときに支払うらしく。

その日は土曜日で仕事。もしかしたら仕事が長引いて参加できない可能性もあったので

その時は直前キャンセルすればいいか、ということでとりあえずエントリー。



で、当日。

仕事は予想していたとおり忙しく、ぎりぎりまで間に合うかヒヤヒヤ。

バタバタと片付け、スタート予定時間の20分ほど前になんとか会場入り。

着替えを済ませ、ゼッケンをつけてちょこっとだけストレッチ&アップをしたかと思ったらもうスタート時間。


同部門は30数名が参加。
うち多数は高校、大学の陸上部や走友会の速そうな人ばかり。
どれだけついていけるんだろうか。

「位置について~」パーーーーン!!


トラックなので同じ場所をぐるぐると12周半。

自分の普段のジョギングじゃまず考えられないペースで頑張ってみる。

・・・・・・・2周走ったところですでに息が上がって「もうダメ」状態。。。



こりゃきついなぁ。



けど人数も少ないし、トラックなのでそう簡単に立ち止まるわけにもいかず。

とにかく頑張る。




・・・あ~、もう限界かな・・・
何度止まろうと思ったか。息が苦しい。

けど直前を走るチームメイトのなすさんに引っ張ってもらい、ついていく。


以前チームのしんさんから教えてもらった、「限界は自分で決めちゃいけない」という言葉。

何度も思い出した。








自分の激しい息づかいがよく聞こえる。

するとそれ以上の激しい息づかいのランナーがスーッと抜かしていく。

さすが学生ランナー、速い!!



ラスト1周。

スパートをかける。

ガンバルガンバル!頑張ってピッチを上げる。このまま1周・・・・・・


ゴール!!!
667660335_168.jpg
死にました(笑)
ゴール後すぐに麦茶をもらったのですが息が切れて飲むことができず
芝生の上でしばらくゴロン。


記録は初トラック5000mで22分58秒。

23分を切れたらいいなと思っていたので

満足です。



とてもいい練習になったなぁ。

途中であきらめない気持ちを経験するのにはとてもいい。


たまにはこういう「刺激ラン」の練習は必要だね。

レース報告 | 21:31:36 | Trackback(0) | Comments(7)
ひとよし春風マラソン
2月15日(日)、熊本県人吉市にて開催された「ひとよし春風マラソン」ハーフレースに参加してきました。
初の県外遠征です。


去年12月のフルマラソン以降、あまり練習できていなかったので、とりあえず完走目標で楽しんで走るつもりでの参加です。

今回はうちの坊(小6)も3キロの部に参加です。
彼もまた最近ほとんど走っていなかったので不安だったようですが・・・


宮崎の自宅を6時に家族3人で出発。高速道をドライブ気分でひた走り8時ころ現地到着。
チームメイトともすぐに合流。


2月中旬なのに昨日までは暖かい、というか日中は『暑い』日でした。
涼しけりゃいいなぁ、と願いつつ。
朝のうちは涼しかったのですがスタート時間にはすでに暑くなりそうな予感。。



今回は自分のオリジナルのエルモキャップ着用。
003 - コピー



さて、あっという間に10時。
「パン!」
スターターのピストルの音&花火の音。
ハーフの部、男女含め総勢約760名が一斉に走りだす。
とにかく今回は僕の原点の「楽しく走る」ことを目標に。

ペースは周りに流されつつ、練習では走ることのないキロ4分40秒~5分あたりで。
1キロすぎあたりからぼちぼちと沿道の応援に手を振って応える。
「ありがとー!」
こちらから声をかけると僕に声援をかけてくれる「頑張ってくださ~い!」
あー、これだよ。やっぱ気持ちいいなぁ。

4キロあたりより上り坂にさしかかる。
苦しいけどなんとかだましだまし頑張る。
結局上りは約2キロ。
登りきって折り返し2キロ下り坂。
下りきったらあとはずっとフラットなコース。


7キロ付近か。
携帯のメールが鳴る。嫁さんより坊の結果報告。
『自己ベストでゴールしたよ』とのこと。
お~、すごい!こりゃ負けちゃおれんな。
ちょっとペース上げる。・・・けど脇腹痛くてすぐにペース落ちる(笑)


球磨川沿いのコース。
名物の球磨川下りが見えました。
058 - コピー

こんなコース。
060 - コピー

道路わきの焼鳥屋の窓からおばちゃんたちが旗を振って応援してくれている。
「お店の中からありがとうございま~す!」両手を振って応える。
「あら~、がんばってね~~!!」「はーい!元気がでます!ありがとー!」
するとそれを見ていた道路反対側のおじちゃん、僕の名前を「こーじさん、がんばれー!」と声をかけてくれた。
この大会、応援の人たちにはあらかじめ応援用の旗を配っているのだが、その旗の裏面には全員のゼッケンNoと名前を書いているらしい。
なのでゴールするまでに4~5人から名前付きで応援をしてもらえました。これは実に楽しい♪


ちなみに応援してる人たちの写真。嬉しくて立ち止って写真撮りました(笑)
062 - コピー
063 - コピー
ピンボケでわかりにくいですがみんなこっちを見てくれてます。
なぜなら「はい、撮りますよ~!」って声かけたから。
みんな喜んでくれてました。



さて残り1キロでスパート!・・・・するつもりが苦しくてできませんでした。

ゴール!

結果は・・・自己ベストの1時間45分。
楽しく走れた上に自己ベスト。大満足です。
レースは暑かったですがとても楽しめました。

それにしてもゴールするまでにいったい何人に手を振って声を掛けて走ってきたんだろ(笑)


坊と二人、記念写真。
022 - コピー



昼食。
026 - コピー



評。
今回のレース、「楽しく走る」という、自分自身の楽しみ方の原点に戻って楽しむことができたと思います。
もちろん記録が伸びると楽しいけど、苦しい練習でガンガン伸びていくより僕はこっちの方が好き。
その証拠に去年の綾、正直きつかった。楽しくなかった。
マイペース。
無理せず、気持ちよく、ずっと走っていけたら幸せ、かな。




おまけ。
会場のすぐ横に人吉城跡がありました。
お城、と言えば城好きの坊です。
昼食後、行こうよと手をひっぱられ、無理やり石段を登らされました。
足が疲れてるってのに・・・鬼~!
031 - コピー


レース報告 | 22:18:43 | Trackback(0) | Comments(4)
第22回 青島太平洋マラソン
遅くなりましたが報告いたします。


12月14日の日曜日、待ちに待った「第22回 国際青島太平洋マラソン」が開催されました。
ボロボロだった去年からはどのくらい自分の実力が伸びてきたんだろ、と期待しつつ。
目標は4時間切りの「サブフォー」達成です。


今年から大幅にコース変更がありました。
去年までは7~8キロ以降は自動車専用の有料道路を走るコースでした。
このコースは景色の変化のない海岸沿いの直線をひた走る、しかも沿道の応援の少ない、気分的にも苦しいコースでした。
それが今年は「アオタイ、街へ!」というキャッチフレーズ通り、中心市街地のメインストリート「橘通り」を通るコースに変更されました。


さて、9時にスタート。

スタート直後は大混雑でなかなか進まないものの、途中からは予定どおりに5分30分のペースで調子良く走っていきます。

どんどん市内中心部に近づくにつれ、沿道の応援が多くなります。
そして大淀川に架かる橘橋を渡って市街中心部が見えた時、応援の方々のあまりの多さにビックリ!そして感激しました。
たくさんの人の歓声。こんなに応援の多いレース初めてです。ずいぶん元気もらったなぁ。


折返して25キロ辺りからか、足が重くなってまいりました。
少しペースを落とす。
ちょっとサブフォーはキビシそう。けど4時間台でもあきらめずに走り続けよう。・・・と・・・・・ん??

「きゅ~~ん!!」おぉっ!!、突然太ももが攣った!
ストレッチをしてゆっくり走りだす。
けど一度攣り始めるともうだめ。
たびたび痛みに襲われるようになりました。


   そういえば大会当日の早朝、寝てる時に突然ふくらはぎが攣って痛みで目が覚めました。
   あれは夢じゃなかった。確かに足が攣ったもんな。



チームメイトや友達に抜かされよぼよぼになりながら最後の海岸線「トロピカルロード」を走る。
37キロで最後の折り返し。
あと5キロがやたら遠い。。


そしてやっとゴール。

タイムは・・・目標から1時間も遅い4時間53分。
あ~あ。
けど去年からすると1時間の短縮。
普通に考えるとこれはすごい!(笑)

また来年の目標ができました。
「来年こそはサブフォー!」
なによりきつかったけど楽しく走れたということが自分では満足です。


今回はチームメイトや友達の初マラソン、初完走に立ち会うことができました
完走、おめでとう!!

そしてみなさん、お疲れ様でした。


あ、そうそう。
大会を支えてくださった事務局、ボランティア、特に今回から市街地を走るため大規模な交通規制も行われ、協力していただいた市民の皆さん。
皆さんに感謝です。ありがとうございました。

レース報告 | 10:33:47 | Trackback(0) | Comments(7)
綾・照葉樹林マラソン! & いろんな人に会えた日♪
やってまいりました「第22回 綾・照葉樹林マラソン」当日です。
きっといける!目標の100分(1時間40分)切り達成をめざし
朝からわくわく。
去年から2回目の参加、前回とは全く違った緊張感。


去年の大渋滞に巻き込まれないよう、「親子の部5キロ」で参加の嫁さんと坊を引き連れ
我が家を6時に出発。
おかげでメイン会場そばに駐車できました。
今日はきっとついてるな。

その後チームのみんなと合流。
みんなでテレビのインタビューまで受けちゃいました(笑)


さて、レース。

体調はよし。
チームメイト二人と一緒にスタート地点へ。
「こーじがペースメーカーになってよね~」だって(笑)

スタート!!


なかなか快調、絶好調!この調子、いったいどこまでもつのか・・・

以下のラップです。

 1キロ・・・5‘10  スタート直後の大渋滞。こんなもんでしょ。
 2キロ・・・4‘40  おぉ、なかなか快調。体も温まってきた。
 3キロ・・・4‘38
 4キロ・・・4‘40
 5キロ・・・4‘52
 6キロ・・・4‘43  このあたりからちょっと上り坂。どこまで踏ん張れるか?(けど意外に落ちない)
 7キロ・・・4‘46
 8キロ・・・4‘43  折り返し。今度は下り。なんとかペースを上げたい!(けど意外に上がらない・笑)
 9キロ・・・4‘34
10キロ・・・4‘41
11キロ・・・4‘33  川沿いの堤防コースへ。ここからが長い。
12キロ・・・4‘39
13キロ・・・4‘43
14キロ・・・4‘58  あれ?太腿裏とふくらはぎが重くなってきた??
15キロ・・・4‘59   
16キロ・・・4‘58  あれ?なすさんに抜かれた!
17キロ・・・5‘16  あれ?師匠に抜かれた。足がどんどん重く・・・
18キロ・・・5‘30
19キロ・・・6‘42  腿の裏が痛い。とうとう止まってストレッチ。やすおちゃん&知事に抜かれる。
20キロ・・・7‘54  ストレッチしつつ、やっと走れる。
ゴールまで・・・9‘59  とにかくきつい・・・

・・・・というわけで目標にはほど遠く1時間51分。
とにかく悔しい。
100分切りの壁が高過ぎた、というわけではなく
やはり練習が足りなかった。それだけの体ができてなかった。

呆然と歩いてチームメイトのもとに帰る。みんなの顔を見ると我慢してた思いが込み上げてきました。
そういえば、今までスポーツをやってきた中で、こんなに悔しい思いをしたのは初めてかもしれません。

でもおかげで課題が出てきました。
次回の青島太平洋マラソンでの目標達成、また次のハーフレースでの100分切り。

次はやります!


    *   *   *


と、まあレース自体はこんな感じで悔しい結果となりました。
でも今日一日、不思議なことにいろんな再会がありました。

①レースのメイン会場で昔の会社の先輩に会った(約12年ぶり)現在は福岡在住、レースに出るために帰ってきたそうです。(走ってることさえ知らなかった)
②同じくレース会場にて高校の同級生に会った。(約2年ぶり)親子の部に参加したんだって。
③帰りに市内の温泉に立ち寄ると母方の叔母さんに会った。普段から仲のいい叔母さんで綾のレースに参加後、うちらと同じく立ち寄ったそうです(入浴料、おごっていただきました。ありがと!こんどご馳走するね)
④同じく温泉を出てくつろいでいると、高校時代の恩師にバッタリ!当時は部活(ウエイトリフティングやってました)の顧問でもありすごくお世話になっていました。(結婚式に来ていただいてから約13年ぶり)先生は来年が定年だそうですが、今でもウエイトリフティングの顧問を頑張っていらっしゃるとのこと。
⑤近所のコンビニに立ち寄ると、小・中学時代の同級生、マイミクの「な~さん」にバッタリ!最近同窓会で会ったばかりだけど超びっくり。また飲みに行こうね~


どの再会もすごく嬉しいものばかり。

こんな「偶然」が続く日ってのもあるんだねぇ。
幸せな気持ちで一日終わりそうです。



さて、明日はまたまた4時出勤(2時半起床)かぁ。
今日の疲れを癒すためもう寝なきゃ。

レース参加のみなさん、お疲れ様でした!

レース報告 | 20:19:37 | Trackback(0) | Comments(14)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。